2019年11月29日

第72回 工芸高校展ー工芸高校との継続専門教育「大阪市立デザイン教育研究所展2020」

第72回 工芸高校展
2020年
1月25日(土)9:00〜16:00
1月26日(日)9:00〜15:00
受付は終了30分前まで
中学生及び保護者対称学校説明会
26日(日)10:00〜11:00
ハガキの注意事項をご確認ください!
特に校内で撮った写真をSNSなどにあげることはネット上のトラブルを招く恐れがありますからご遠慮ください。
MX-C381_20191128_051309_001.jpgMX-C381_20191128_051309_002.jpg
工芸高校との継続専門教育「大阪市立デザイン教育研究所展2020」
愛称:工芸高校との継続専門教育 冬のデ研展2020
英文呼称:OMCD Exhibition 2020 (Winter version)
−同時開催:工芸高校本館見学ツアー・バウハウス100周年記念展覧会・オープンキャンパス2019−
特設ホームページ→ http://www.omcd.ac.jp/OMCDex/
会期 2020年1月25日(土)〜28日(火)10:00-17:00(入場受付16:30まで)
会場 本研究所 http://goo.gl/maps/ErXLP
入場無料・申込不要(ただし一部例外があります)
●展示
1月25日(土)〜28日(火)10:00-17:00(入場受付16:30まで)
●公開フォーラム  ※トピック:大阪の中小企業のものづくり・ことづくりとデザイン
1月25日(土)13:00-15:00(120分)
「キッズ×コト×デザイン」
  チェアパーソン:キッズプロジェクト 小林一博 様 潟Gンジンズ(https://engines.co.jp/
●公開講座
1月26日(日)10:30-12:00(90分)
「今日のデザインが歴史を作る」
  講師:リソースアーキテクト 河原司 様 泣Aーキテクトタイタン(http://www.taitan.jp/
●工芸高校本館見学ツアー
1月27日(月)13:00、15:00出発の全2回です。
ツアー出発時刻にデザイン教育研究所玄関にお集まりください。所要時間は約35分です。
2019年度のテーマ「工芸学校の山口正城とバウハウス100年」
 ※参加無料・予約(事前申込)不要
 ※解説は日本語のみですが、ツアーの内容をまとめた英語/日本語版パンフレットをお渡しします。
 ※階段の昇り降りがあります。あらかじめご了承ください。
《詳細はこちら - https://www.facebook.com/OsakaKogei.GuideTour/
《参考情報 - https://www.facebook.com/OMCD.MYExhibition/
●公開授業(研高連携プロジェクト・冬期セミナー)
1月25日(土)13:00-17:00 
 「チームによるデザインワーク」
テーマ:革アップサイクルプロジェクト(産学連携)
 ※参加は事前申込が必要。見学のみは不要。
●公開授業(研高連携プロジェクト・春期セミナー)
1月27日(月)10:00(9:00)-17:00
 「チームによるデザインワーク」
テーマ:あべのってプロジェクト(地域プロジェクト)
 ※参加は事前申込が必要。見学のみは不要。
●ホームカミングデー2020
※2020年4月29日(祝・水)〈春のデ研展2020〉に行ないます。
●サテライト会場《計画・折衝中》
会期 
会場 
●デ研展プラス《計画・折衝中》
「デ研発 大阪・関西万博とものづくり」
会期 2020年2月中旬
会場 
※11月19日現在の情報をまとめたものです。記載の内容は都合により変更することがあります。
MX-C381_20191128_051309_004.jpgMX-C381_20191128_051309_003.jpg
posted by 大阪工芸会メンバー at 06:51| Comment(0) | お知らせ

2019年11月28日

令和元年度 大阪工芸会 第4回理事会 議事録抜粋

令和元年度 大阪工芸会 第4回理事会 議事録抜粋
日時:令和元年11月27日 18:30〜19:30
場所:5号館 2階 会議室
出席者(卒業年次順、敬称略)
澤田 図南雄(S36年P卒)、吉村 克也 (S37年P卒)
東野 忠雄 (S37年A卒)、松田 丈児 (S43年D卒)
中西 康子 (S43年D卒)、樫田 篤子 (S43年D卒)
椿野 敏雄 (S43年W卒)、山田 悦央 (S44年W卒)
中尾 晋也 (S47年M卒)、山本 悦二 (S49年D卒)
小熊 貴子 (S49年D卒)、中西 州  (S50年M卒)
杉野 譲  (S51年P卒)、濱田 義之 (S53年A卒)
田浦 真一 (S57年P卒)、橋本 実香 (S58年F卒)
松田 礼子 (S59年M卒)、大浦 有紀子(S60年D卒)
小名木 仁季(S60年D卒)、高橋 かずみ(S60年D卒)
吉井 真由美(S60年F卒)、多田 有利子(S61年M卒)
小川 広幸 (S61年P卒)、片岡 朗  (S63年A卒)
坂本 雄吾 (H 1年D卒)、安井 千恵子(H 1年F卒)
東原 克江 (H 2年D卒)、林 琴恵  (H12年P卒)
教頭先生に事務長はじめ各科校内理事
 本日校長先生出張のため教頭先生よりD研の入学希望者が少ないが
定員45名を目指して努力しています。工芸高校の方はオープンキャンパス
等で多く来て頂いているので、問題はないであろお話がありました。
また、来年度はイタリア研修を実施するとのことです。
1、卒業50年の集いの
 現在の参加者は、金属工芸科9名、木材工芸科4名、図案科8名
建築科3名、美術科3名、写真工芸科1名の28名が参加予定です。
 式典については、10時から5号館2階会議室にて行います。
司会は白鴎会の坂本会長にお願いします。
 10時45分まで、工芸会会長、校長先生のご挨拶、各タテの会会長
紹介、卒業生の自己紹介をおこなう。
 10時45分に中庭へ移動して頂き集合写真の撮影。
 撮影は、写友会杉野会長にお願いします。
 その後、各科の実習室の見学を行います。各科の先生方よろしく
お願いいたします。
 12時20分には会議室にて昼食を食べ13時には解散の予定です。
 昼食は、昨年と同じく金属工芸科OGの大野さんのお店に依頼いたします。
 尚、本年度より記念品として、昭和50年美術科卒のガラス工芸作家
長田博夫さんにお願いいたしました。

2.オトナ工芸魂2019
 今回は、47名+2グループあわせて52名が参加されます。
内20名が初めてご参加頂きます。また、タテの会よりご推薦頂いた
16名の内9名の方にご参加頂きました。ご協力ありがとうございます。
 今回は、会場の都合でワークショップは、昭和60年図案科卒の國近
さんにチョークアートのワークショップを、4日と7日のみ開催します。
既にFB等で告知しており、事前予約が入っております。
 その他会場ではオーナメント作り等もできるように企画しております
ので、お時間がございましたらお越しください。
 尚、12月6日金曜日19:00〜20:00出展者との交流会を
難波千日前 味園1階「fun-11」にて行います。よろしければ
ご参加ください。飲み物はキャッシュオンです。食べ物は持ち込み可
飲み物の持ち込みは不可です。
 追記:工芸展のおりに2号館1階工芸会室にてミニ展示会を行いますので、
よろしくお願いいたします。

3.法人化について
 先日、司法書士とお話ができました。結論からすると、NPO法人
の方がいいのではと勧められました。
 まだ、学校との協議ができておりませんので、詳細な協議ができませんが、
今後の日程として2年間の工程で2022年4月より法人としてのスタートを
切りたいと考えております。
 

4.その他
 SNSガイドラインについて
 坂本理事よりSNSのガイドライン作成に関して、現在各タテの会の考えを
聞いており、まだすべての会の意見を聞けてませんが、今後取りまとめて
ガイドラインを作成しますので、ご協力をお願い致します。
 
 田浦理事より
 先日読売テレビにて放送されました大阪市立工芸高校映像デザイン科x
大阪市消防局東住吉消防署x大阪府立登美丘高校ダンス部による。
「レスキューダンス」の映像による活動報告がありました。
https://www.youtube.com/watch?v=7u32y9Ref9Q

 小名木理事より
 現在、西宮市大谷美術館で開催中のバウハウス展の目録に
工芸高校について書かれた部分についてご紹介がありました。
 尚、バウハウス展は12月1日(日曜日)までです。


以上 次回は年明け1月15日(水曜日)
記録:濱田義之
posted by 大阪工芸会メンバー at 12:37| Comment(0) | 理事会よりのお知らせ

2019年09月25日

令和元年度 第4回シグマ会役員会議事録抜粋

令和元年度 第4回シグマ会役員会議事録抜粋
日  時:令和元年 9月24日(火)18:30〜19:30
場  所:大阪市立工芸高等学校 2号館1階 工芸会室
出 席 者
濱田 義之 会長(S53年卒)
辻 賢太郎 副会長(建築デザイン科科長)
片岡  郎 副会長(S63年卒)
稲本 正吾 会計(S47年卒、教職員)
小林 貴世子書記(H 4年卒)
1.会計報告
  収入合計334,942円
  支出合計104,598円
  現在の残高は230,344円となります。
2、SNSのガイドラインについて
先日の大阪工芸会理事会における、SNSのガイドラインについて
建築デザイン科並べにシグマ会としての対応を検討する。
建築デザイン科としては、主に校内における工芸展が対象となります。
これに関しては、OBはもちろん一般来場者によるSNS等を通じた
情報発信を促進し、建築デザイン科への入学者増員に繋げたいので
原則許可と考えます。もちろん人物の撮影、写り込みについては
禁止とします。
また、作品の制作者が望まない場合は、あらかじめ撮影禁止マークの
表示を行う。
シグマ会としては、主に交流会が対象となると思われますが、
この場合は、事前にSNS等に掲載されることを説明し、了承を得る。
以上とします。ただし、学校全体での方針には従います。
出来ましたら、工芸展などの入場者には、添付の「日展会場における
展示作品の撮影について」のようなものを配布していただきたい。
3、シグマ賞審査について
シグマ賞の審査方法は昨年と同様に行う予定です(添付資料参照)
尚、昨年まで事前に集まり審査方法の検討を行いましたが、今回は
審査委員承諾書にご意見、ご要望を書いて頂く方法とします。
もちろう次回役員会(12月 3日)にご出席いただき直接意見を
述べて頂いてもかまいません。
昨年の反省としては、入賞者の表示がわかりにくいと言われて
いましたので、今回はリボン等に変更します。
また、作品についてコメント沢山いただきましたが、その場で
提出して頂けるのはありがたいですが、後日メールで提出して
頂く方法にする。
以上
次回役員会は、審査委員の方々お時間がありましたら出席をお願いします。
次回 12月 3日18:30〜 工芸会室
71005108_1053445751674145_1238916125786374144_n.jpg70979861_560865251354565_591597071753019392_n.jpg2_001.jpg2_002.jpg2_003.jpg2_004.jpg2_005.jpg
posted by 大阪工芸会メンバー at 09:50| Comment(0) | シグマ会からのお知らせ