2017年11月29日

平成29年度 第5回シグマ会役員及びシグマ賞審査委員会議事録抜粋

平成29年度 第5回シグマ会役員及びシグマ賞審査委員会議事録抜粋
日  時:平成29年11月28日(火)18:30〜19:45
場  所:大阪市立工芸高等学校 2号館1階 工芸会室

出 席 者 (卒業年次順)
東野 忠雄 顧問(S37)、稲本 正吾(S47教職員)
大山 順玉(S53)、濱田 義之(S53)
片岡  朗(S63)、山田 隆弘(H 2)
小林 貴世子(H 4)、小玉 雄介(H11)
中田 有紀子(H15)、中田 雄介(H18)
関澤 博之(建築デザイン科長)、辻 賢太郎(教職員)
出席者12名
20171128_185343734.jpg
1.平成29年度 建築デザイン科シグマ賞 選考・表彰について

例年の如く選考基準について、建築設計の図面とはかけ離れた表現による作品について
様々な意見がでましたが、審査委員個人の判断に委ねる、選考基準は設けないとします。
あくまでシグマ賞は学校の教育基準と必ずしも一致しなくても良いとの判断です。

審査委員のグループ分けについては、今まで年齢の近いものをグループとしていたが、混ぜた方が良いとの意見があり、当日出席する審査委員メンバーをみて検討する。

表彰式次第での審査委員の紹介は司会者が行うことで時間短縮を図る。

その他は添付資料による。

2.その他
前回の交流会での会計報告で今回は27,894円の赤字となった。
赤字についてはシグマ会会計より補填する。
交流会そのものについては大変好評であったので、今後はシーズンをずらすなりして、バス代金の安い時期をねらった交流会を計画する。

シグマ会会計報告
収入、S51年卒業生より還暦同窓会で集めた16,000円の寄付がありました。
支出については、交流会補填分27,894円と先日お亡くなりになられた小池氏への供花代金等合わせて53,698円支出
残高は247,331円

年明け大丸で1月10日〜16日まで開催される。
「工芸高校 ART LINKS」には
建築デザイン科出身の平成17年卒 白鳥佑輔、平成20年卒 園川絢也のお二人が参加されます。

恒例のシグマ会忘年会は12月25日の予定
詳細は追って告知します。

次回役員会は年明け平成30年1月16日です。
MX-4110FN_20171129_060643_001.jpgMX-4110FN_20171129_060643_002.jpgMX-4110FN_20171129_060643_003.jpgMX-4110FN_20171129_060708_001.jpgMX-4110FN_20171120_083000_001.jpg
posted by 大阪工芸会メンバー at 07:03| Comment(0) | シグマ会からのお知らせ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: