2017年03月22日

平成28年度 第7回シグマ会役員会議事録抜粋

平成28年度 第7回シグマ会役員会議事録抜粋
日  時:平成29年 3月22日(火)18:30〜19:20
場  所:大阪市立工芸高等学校 2号館1階 工芸会室

出 席 者
濱田 義之 会長(S53年卒)
関澤 博之 副会長(建築デザイン科科長)
片岡  郎 副会長(S63年卒)
小池 啓夫(S45年卒)
植松 樹 (H10)
東野 忠雄 顧問(S37年卒)
出席者6名
1.会計報告(前回役員会以後)
  1月27日・28日シグマ賞審査会及び卒業生等から
合計133,000円の寄付がありました。
  支出の方では、シグマ賞関連費用として62,300円支出
  残高274,879円(3/21日現在)

2.シグマ賞審査について
  今回の審査・表彰式における反省点と来年度にむけての課題
  ・時間配分の見直し。
  ・プレゼンテーションの時間制限の通知 チャイムは必要。
  ・開票作業を効率よくできたのではないか。
   生徒名の一覧を用意しておき集計すれば時間短縮になる。
  ・二次審査の時間は短縮しても良いのではないか。
   一次審査で一度見ているので。
  ・全員でプレゼンを行ったので、各審査員がどのような視点で
   作品を見てるのかがわかって良かった。
  ・審査員特別賞の選考基準を明確にする。
  ・未完成の作品が多かった。完成しているものを選考対象とするべきでは?

  その他、今回学生からはじめてアンケートを取りましたが
  ほぼ全員より回答を頂きました。
  無記名だったので本音を書いて頂いたと思います。
  納得の意見もありました。我々としては学生の為によかれと思い
  はじめた経緯があります。決して学生を喜ばす為にするのではなく
  あくまでも学生の今後の為にということで、今後も進めたいと
  思っておりますが、改善出来るところは改善して行きたいと
  考えております。
  次回までにアンケート結果をもとに今後検討致します。
3.学生のアンケート回答について
  先ほどシグマ賞については説明しましたが、その他の回答では
  やはり卒業後の進路については、進学が多いです。
  シグマ賞は知っていてもシグマ会についてもまだまだ
  認知不足のように思えます。
  交流会については知らない方が多いですが、参加希望者も多いです。
  参加したい内容には、職業体験、ボーリング、BBQ等が多かったです。
  今後の交流会については、学生の意見も参考に進めて行きたい思います。
  アンケートと結果は、コメント部分が多いので掲載は省略します。

4.総会について
  総会は5月7日(日)午前11時から 12時過ぎから食事会を行います。
  総会誌の原稿の作成は4月18日(火)までにお願い致します。
  総会の案内状は4月初旬に発送予定。

  次回の打ち合わせは4月18日(火)18:30〜 行います。

以上
posted by 大阪工芸会メンバー at 08:41| Comment(0) | シグマ会からのお知らせ