2017年03月16日

平成28年度 大阪工芸会 第6回理事会 議事録抜粋

平成28年度 大阪工芸会 第6回理事会 議事録抜粋
日時:平成29年 3月15日 18:30〜19:10
場所:5号館 2階 会議室
出席者(卒業年次順、敬称略)
福田 喜代志(S32年W卒)、澤田 図南雄(S36年P卒)
江島 公義 (S36年F卒)、東野 忠雄 (S37年A卒)
吉村 克己 (S37年P卒)、村上 健一 (S38年D卒)
山際 栄一 (S39年D卒)、松田 丈児 (S43年D卒)
中西 康子 (S43年D卒)、椿野 敏雄 (S43年W卒)
北村 隆  (S44年W卒)、中西 州  (S50年W卒)
濱田 義之 (S53年A卒)、田浦 真一 (S57年P卒)
小名木 仁季(S60年D卒)、坂本 雄吾 (H 1年D卒)、
澤田 真樹 (H 2年D卒)、白谷 崇  (H 3年P卒)
校長先生をはじめ各科校内理事

1.オトナ工芸魂展(工芸展)
  本年度の工芸展に於いて、1月28日・29日の二日間、工芸会室を
  利用して広報活動を行いましたが、まだまだ認識されていないのが
  現状で、今後も広報活動に力を入れたいと思っております。
  ついでながら工芸展に対する卒業生の意見がありましたので、
  報告します。
  映像デザイン科のスタジオでの展示について、土足厳禁なのですが、
  年配の方が帰りに靴を履くのに苦労されていたので、椅子等を次回から
  設置して頂きたいとの要望がありました。
  基本的な意見として、卒業生の年代による教育(実習)の違いや、
  自分の学生時代が現在の経験で多少なりとも思い違いがあるが、
  技術的レベルが低く感じられる。
  特に日本画等は港南や銅駝に比べると低く感じられる等批判的な意見も
  ありました。
また、陶芸等無理して教える必要がないのでは等の意見もあがっていました。
  現在、実習教育よりも進学が多いことの一般科目へのシフトになっている
  等の要因があるのかもわかりません。
  映像デザイン科は、本年度より工芸展の作品から優秀作品に対して
  写友会より受賞する取り組みをはじめ、学生には好評だったと報告がありました。

2.会計報告
  会計決算はほぼ終わっており、後は会計監査を受けるだけなので、
  次回理事会には報告できます。

3.その他
  白鴎会の役員改選で、村上理事・山際理事・垂井理事が退任され
  新年度より新しい理事になります。(名簿提出済み)
  昭和38年美術科卒の吉岡耕二さんの作品展が、3月16日から28日まで
  帝国ホテルプラザ大阪2階 アート・ギャラリー尾山にて開催されます。
MX-4110FN_20170316_055543_001.jpgMX-4110FN_20170316_055543_002.jpg
  昭和35年写真工芸科卒の井垣祥孝さんの作品展が、4月4日から
  豊中市千里文化センター「コラボ」にて開催されます。
MX-4110FN_20170316_055755_002.jpg
  
金属工芸科/プロダクトデザイン科のOB会が
4月2日に工芸の中庭で(仮)さくらを見る会を行う計画を予定してます!
詳細は追ってお知らせ致します。

次回から新年度になります。
  最初の理事会は5月17日です。
  また、原則奇数月の第3水曜日の予定になっていますが、
  来年度は、学校行事等の関係で一部日にちが変更になります。
  11月と3月がそうですが、次回あらためて年間の予定をお知らせ
  致します。

以上
posted by 大阪工芸会メンバー at 06:53| Comment(0) | 理事会よりのお知らせ